住宅本2015秋
11/186

水音が心地いいリビング。子どもたちは床に敷いたギャッベの上で、仲良くくつろぎモードに 心地よい場所を探して たどり着いたのは 元気をもらうパワースポット ピクチャーウィンドーの先には、青い水をたたえた池田湖と優美な開聞岳。息をのむほど美しい景色に包まれ、リビングルームにいることを忘れてしまうS邸は、まるで別荘のような湖畔の家です。  長男が生まれ、小学校に入るころには、家を持とうと決めたご夫婦。気持ちにフィットする場所を探して県内各地をドライブしたといいます。自分たちには何が必要で、何が不要なのかとじっくり夢を温め、元気をもらえるこの場所にたどり着きました。  夫婦そろってのバイク好き。「バイクって自然と一体になりながら走るんです。私たちにはショッピング街より、自然が大切」と奥様。子どもの教育を心配する人もいるけれど、小規模校の子どもたちは、人任せはできず、いろんな役割を担う。勉強や運動に加え、人間力も育つはずだとも考えたそう。  「赤や紫のグラデーションにうろこ雲が浮かぶ夕焼けや、湖面にまっすぐ差し込む満月の光…。ほんとにすてきですよ。もうどこにも行かなくていいくらい」と笑う姿には、マイスタイルを選び取った潔ささえ感じます。 上/寝室からも湖畔の景色が 下/ログハウスの一角のような子ども部屋 日々刻々違う表情を見せる湖の景色は、見飽きることがありません。穏やかな湖面は、家族をそっと見守ってくれているよう

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です