住宅本2015秋
119/186

117 機 能的な美しい空間構成で 憧れの平屋に広々住まう  H邸は、平屋ならではの機能的な空間構成、 動線や光の採り入れ方など、お手本にしたいポ イントが満載のすてきなお宅です。  住宅建築の節目に、TOHO HOUSEの東 さんが大切にするイベントのひとつが「手形式」。 ご一家も〝家族の絆〞を願いペタン。屋根裏に記 された大切な記念です。  「常にアンテナを張って情報発信しています」 という、東さん提案の玄関ホール横の〝デイリー クローク〞は、身支度に必要なものをまとめて 置くことで、家族のお出掛け前の時間を大きく 短縮でき、なるほど! とうなる便利さです。 シューズクロークを経て、サニタリー、キッチン への動線も、忙しい奥様の家事の時短に一役 買っています。  LDKは、上品でどんな生活シーンにも合う ホワイトが基調。質感や地模様が違う壁紙 を選んだことで、〝白〞の表情にも変化を演出 した奥様のセンスに脱帽です。他にも「家族で ショップ巡りをしてそろえた」という愛着ある 照明やカーテンが暮らしを彩っています。  「和室コーナーは小上がりの段差によって 生み出される変化と視線が抜ける空間構成に より、フラットな時の面積よりもLDKが広く 感じるんです」という東さんの説明で、改めて 空間設計の妙に驚きました。壁面に用いた磨り ガラス風アクリルパネルは、仕切り感を和ら げたり、光を導く効果も期待できるとか。  家中どこにいても燦々と降り注ぐ陽光と、 爽やかな風を感じるH邸、仲良し家族の幸せ を象徴しているようです。 小上がりの和室コーナーを設けたLDK。キッチンは家族のコミュニケーションを 大切にできる対面式。広い人工大理石のワークトップで使い勝手も抜群です。テ レビ背面にはデザインタイル・エコカラットを採用しました リビングのR壁をくぐってプライベートスペースへ。廊下にも天井の明かり採り窓 から光が降り注ぎます。奥に主寝室と、仕切り可能なキッズルームを設けました 玄関ホール横に身支度等に便利なデイリークロークを設けました。シューズク ロークからサニタリーコーナー、キッチンへの動線も効率的 深い緑が味わい深い洗面ボウルは、陶芸店を営むお母様の手作りです 緩い勾配の屋根に、ホワイトのレンガ調サイディング壁で存在感のある外観とな りました A A B C D B C E 幸せな家づくり2015 Autumn・Winter 床も壁も白で統一されたリビングは、畳コーナー下の収納の つまみや、時計、カーテンなどポイント使いの水色が効いて いて、上級テクニックのセンスを感じました。ご家族の人柄 そのままの優しい白の空間は居心地満点でした。 from Editor プランニングコンセプト 1F 奥様の家事動線とご家族の生活 動線の両方を兼ねた間取りを工 夫。仲の良い両家の皆様が集ま ることができ、どこにいても視線 が交わせます。リビングに設けた 和室コーナーが、実際の広さより 空間を広く感じる設計になって います。 株式会社東宝建設 TOHO HOUSE 担当者 東 優一さん D E 弊社の特徴である、自然素材の塗料や漆喰(しっくい)、和紙 は、住まう人の健やかさをサポートします。自然の光と風を 採り込む工夫で照明はほとんど不要。機能的な空間構成で 平屋で広く住まう間取りをプランニングしました。玄関とつ ながるサニタリーとクロークでお部屋の掃除が軽減し、整理 整頓が楽になります。お客様との新たな〝絆〟を築き、皆様の 「家への思い」をかたちにしていきます。 LDK UB 食品庫 寝室 WC 物入 物入 子ども室 サニタリー スペース デイリー クローク ウッドデッキ 畳コーナー 玄関 ホール シューズ クローク

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です