住宅本2015秋
12/186

家中に楽しみの種が一杯。 ゆったりとした時間と、 家族の笑い声が広がります。  多趣味なご夫婦だけに、家時間の楽しみ方も上手。2階には奥様が洋裁の腕を振るうアトリエスペースがあり、子どもの服はもちろん、販売作品を製作。その足元でじゃれ合う子どもたちも楽しげです。  秋深くなると薪(まき)ストーブには火が入ります。炎の前でチェロを奏でたり、フラダンスを踊ったり。土間に置いた自慢のバイクも眺められるという具合。「子育てに追われて笑顔を忘れた私に、息抜きの時間を持つよう勧めてくれたのは夫でした」。笑顔が楽しい気持ちを運んでくれることを実感している奥様です。 絵本に出てきそうなアトリエ。カタカタとミシンを踏みながら外に目をやれば、そこにもゆったり広がる湖が 「自分たちが楽しいことを子どもたちにも伝えたい」というご夫婦。親子でチェロを習ったり、アウトドアテクニックを伝授したりと親子の時間も充実

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です