住宅本2015秋
160/186

サニタリー編 水回りをまとめたサニタリー横に 適量が収まるクロゼットを配置 脱いで、洗って、干して、しまう 無駄のない水回り動線に注目!  手前から奥に向かって縦長にランドリー、洗面、トイレ、バスルーム、そして中庭(洗濯を干すスペース)と続くサニタリースペース。洗面ボウル横の天板は余裕のある広さを確保しました。ここが、洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたり、と一石二鳥以上の働きをしてくれます。  そして、衣服を畳んだら後ろのクロゼットにしまって作業終了。「畳んだ洗濯物を各自の場所に片付けて!」なんてママのストレスは皆無。収納の設け方の、大きな参考となりそうです。 家族3人分の日常の衣服類が全部収まるクロゼット 上部の引き戸のスペースにはタオル類や洗剤、トイレットペーパー等の日用品をストック。下部の引き出しにそれぞれの衣服類を入れています 存在感のあるクロゼットで部屋を二分 壁で部屋を間仕切るのではなく、オーダーメイドの木のクロゼットでサニタリー部分と寝室を二分する、おしゃれなスタイル バスルームから見た水回り 右が階段。突き当たりに収納庫を設けて、シーズンオフ等の衣類などをしまいます

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です