住宅本2015秋
55/186

53 G H I  Tさんのご主人と徳田さんは学生時代から の付き合い。「彼は昔から手先が器用で、細や かな作業が得意だった。きっといい家になると 確信していました」とご主人。平屋がいい、 和室が欲しい、リビングとキッチンは広くなど の希望は伝えましたが、「あとはほとんどお 任せでした」と笑います。  加えて徳田さんは、手持ちの家具や家電の うち何を新居で使うのか、どの部屋に何を しまうのか、食事は座卓なのかテーブルなの かなどを聞き取り、収納に割く広さはもちろん 新たに必要となる家具までプランとして 提案。特にキッチンのバックヤードは、炊飯 ジャーやホームベーカリーなど実際に置く道具 の数や大きさにまで配慮して設計しました。 大きめのダイニングテーブルとベンチもT さんに合わせて制作したもの。各部屋の デスクや収納も先々を考えた大きさや容量 で計画しているため、新しい家具を購入 する必要がなかったそうです。  奥様のお気に入りはL字型のキッチン。 道具や冷蔵庫が定位置にすっぽりと収まり、 作業スペースには十分なゆとりがあります。 今後夫婦共働きになることから、天窓を備え たランドリールームも設置。「デッキへの出 入りがスムーズで、突然の雨でもすぐに 洗濯物を中へ入れられて便利」と奥様。  家族のライフスタイルや敷地の特性まで 見つめた家づくり。この場所だから、Tさん だから導き出された住まいのカタチです。 ハウスリンク 株式会社 担当者 徳田 徳太郎さん キッチン収納から建具、家具までTさん仕様のオリジナルと聞いて 驚き。徳田さん自ら角を削ったというテーブルの滑らかな木肌から、 Tさんへの気持ちが伝わってきました。 from Editor それぞれの家族のライフスタイルに合うように、 動線や家具、収納を提案し、居心地がよく飽きのこ ないシンプルな空間づくりを目指しています。住 まう人が長く豊かに住み継ぐことのできる家を 造っています。 さまざまな視点から見出された 自分たちらしい住まいのカタチ キッチンのバックヤード。置くものに合わせて幅を計算し、イメージしやすいように手書 きラフで提案したそう 北側の洗濯室は天窓を設けて室内干しも可能に 温かみのある照明を使い、夜はまた違った雰囲気に リビングに隣接する子ども室。シンメトリーに作りつけたデスクとつり下げ棚は仕切りを 付けたときのことを考えて F GHI 幸せな家づくり2015 Autumn・Winter F

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です