住宅本2015秋
89/186

洗練された上質空間に ゆったりと住まう A 87 A B C D  「セカンドステージは故郷で」と考え、小永吉ホーム の原田さんに母屋の建て替えを託されたIさん。安心し て永く暮らせるよう、傾斜があった土地の造成から、家 づくりをスタートしました。こだわりは、「仕切りのない 大空間」と「コンクリートの打ち肌を見せる内観」です。  昔ながらの石垣や武家門が残る趣き深い街並みに、 白く美しいフォルムの佇まいが調和し、悠然とした存在 感を放っています。  玄関ホールからリビングへ入ると、視界が開ける圧巻 の広さです。コンクリートのきれいな打ち肌の壁とホワ イトのクロス、ダークブラウンのウォールナットの床材 が織りなすモダンで上質な住空間には、円熟した充足感 が漂います。「できるだけ仕切り壁は造りたくなかった ので、ベッドもリビング奥に置くつもりです」というIさ んのご希望に沿って、テレビ脇にシンメトリーに造作し た収納のうち、一方をクロークにしました。適材適所に 配した収納に生活感の漂う衣類や食器などを全て収め ることで、常に片付いたホテルライクな暮らしが維持 できます。  お母様のための寝室は、川を挟んで景色がきれいな 場所に配置。ダイニングキッチンも必要な時だけアコー ディオンカーテンを引くことで、プライベート空間を つくることが可能です。  鉄筋コンクリートだからこその遮音性能で、喧噪(け んそう)を忘れる静けさを実現できました。 B プランニングコンセプト 1F 大空間を利用した間取りです。玄関からキッチン・ ダイニング・リビングと、一体化した開放感のある 大広間が特徴です。 幸せな家づくり2015 Autumn・Winter C D 玄関、キッチン・ダイニング・リビングが一体化した広々空間です。美しい コンクリートの打ち肌とダークブラウンのウォールナットの床材が落ち着 きのある上質感を醸しています 風格ある玄関ホールでお客様をお迎え。大容量のシューズクロークは下 部にスペースを開けたことで圧迫感がありません 周囲の住環境に溶け込むモダンな外観。タイルテラスは、降灰時でも サッと水で流すだけ。メンテナンスフリーで美しさが継続するので人気です 落ち着いた雰囲気の主寝室は、視界が開けるベストポジションに設けま した。壁面のクロゼットには衣類や布団などが収納できます

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です