住宅本2015秋
93/186

デザイン性と居住性を両立しつつ 丁寧に造り上げた注文住宅の家A 91 D A B CD  北薩地方の緑溢れる田園地帯の中に立つ、茶系で コーディネートされた外観の家。ウッドフェンスで囲ま れ、枕木とカラータイルのエントランスが訪れる人を 迎えるF邸は、まるで小粋な田舎カフェのような趣です。  スウェーデン製というしゃれた木製ドアを開けて 中へ入ると、まず驚かされるのが 17 畳余りの広いリビ ングダイニング。白い壁と、床に敷き詰められたウォール ナットの無垢(むく)材が温かみのある空間をつくり 出し、天然木の表し梁(はり)や造作の飾り壁が表情に センスを加えています。隣接したガレージ2階への階 段には木材と鉄が組み合わされ、しゃれた開放感があ ります。  「妻は平屋が希望だったんですけど、僕はどうしても 2階建ての家を造りたくて」というF夫妻双方の要望 を取り入れたプランから、この家の形が生まれました。  リビングと水回りなどのパブリックスペースは平屋 造りの母屋に集め、隣接するガレージの2階に子ども 部屋とご主人の書斎というプライベートルームが設 けられています。「子どものころから2階の子ども部屋 に憧れていたので、ここは譲れませんでした」とご主人 が笑います。「お掃除を考えると平屋が良いと思った のですけど…結果的には満足しています」と奥様。家 族それぞれの思いと夢をかなえつつ、本当に暮らしや すい家を提案する、それが瑛建の家づくりです。 B プランニングコンセプト 2F 1F ガレージ上部を利用した、中2階的空間で、個々の プライベートも確保できる空間構成です。 ゆったりとした勾配天井と、ウッドデッキへつながる 全開放サッシを用いた開放的なリビングルームを 中心に家族が集う間取りとなっています。 幸せな家づくり2015 Autumn・Winter C 床に敷き詰められたウォールナット、テレビ周りを彩る杉の飾り壁。天然素材がリビングに安らぎを 生み出しています ご主人の子どものころからの夢だった「2階個室」を実現。横に細長い部屋は落ち着きのあるプラ イベートスペース 母屋の南面に設けられたウッドデッキが、外と内の空間を自然につないでいます リビングから小上がりになった和室。琉球畳、よしず天井、わらを練り込んだ塗り壁が和の粋を演出し ています

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です