新規ブック
57/168

眺望を楽しむLDKと趣向を凝らした玄関など お気に入りの場所で過ごす日常がいとおしい A 55 高さを十分に確保した吹き抜けの明るいLDK。中央のテーブルは堀ごたつとしても使えるので家族が集まって ほっこりだんらん。浮造りの床と珪藻土の壁は温かみを感じさせます 暗くなりがちな廊下も、明かり取りの窓を設えたことで光が降り注ぎます 落ち着いた風情を醸す和風の平屋造り。広いウッドデッキはリビングの延長のように多目的で使えます 吹き抜けで趣ある大きな玄関ホール。冬は火鉢で暖をとりながらゲストと語らえるスペースとなっています C D A BCD  姶良市の山田川流域に広がるのどかな田園地 帯。自然に抱かれ、親子三世代仲良く暮らすMさ んのお宅は、敷地内に工房を併設した和モダン の平屋建て住宅です。陶芸家の父親作の玄関取 手は、家族やゲストを笑顔にしてくれます。物づく りの感性は、息子であるご主人にも受け継がれて いるようで、椅子やミシン台、ブランコなど手作り 作品が室内外に数多く配されています。  趣向を凝らした大きな玄関ホールを経てリビン グへ。浮造りの床や珪藻土(けいそうど)の壁など、 内装の素材にはこだわりました。天井板をなくし て梁(はり)を生かし、二階建て並の高さを確保 したり、広いウッドデッキをフロア続きのように 見せることで、開放感溢れる大空間となったリ ビングは、家族の憩いの場。南向きで、隣家とも 目線を少しずらしてあるのでプライバシーも保 たれ、大スケールの景色が心置きなく満喫でき ます。  「収納や掃除のしやすさなど、女性目線の細か い使い勝手も工夫されているんですよ」という 奥様の言葉通り、家事動線、可変性のある間取り などで、忙しい時期にうれしい、子育て応援仕様 の住宅となっています。  家庭菜園で葉っぱをついばむヒヨドリを眺め ながら「冬は、外に霜が降りるほど冷えますが、 室内はポカポカ!  快適でした。夏は蛍に癒やさ れ、川ではカヌーに挑戦しました」とご夫妻。家族 で紡ぐかけがえのない時間はいつも笑顔に包まれ ています。 B プランニングコンセプト1F 「平屋にしたい」「吹き抜けの開放感を感じたい」 「玄関は広い土間に」「広いウッドデッキが欲し い」「自然素材を存分に使いたい」「純和風にした い」…こだわりと、わがままを思い切りぶつけて いただいて、それに応えた家づくりをしました。施 主様と一緒にデザインした家です。ウッドデッキ からの眺めは圧巻です。 幸せな家づくり2015 Spring

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です