新規ブック
77/168

75 高 性能の断熱技術と伝統素材の活用によって 実現したゼロエネ住宅  3人の子どもたちに恵まれたKさん夫妻の 家づくりのテーマは「家族5人が伸び伸び暮ら すことのできる家」。木工や工芸が得意でDIY を趣味とするKさんは、創意に溢れた家づくり を目指し、建築制限のある家づくりをしたくな いと、土地探しから奔走されました。土地の入 手と同時に住宅展示場巡りや完成見学会参 加を重ねた末、木や漆喰(しっくい)などの自然素 材を活用した家づくりに焦点を絞りました。  K邸では「外断熱二重通気工法」という施工法 が採用されており、夏も冬も床下・天井裏・室内 は、およそ3℃の温度差が保たれています。室内 の結露を防ぎ、体にも優しい住環境になってい ます。内壁に塗られた漆喰は、匂いを吸収する 他、湿度を調整する役割もあり、梅雨時期も心 地よい室温とともに快適な湿度が保たれて います。「夜、洗濯物を干しておくと、朝には 気持ちよく乾いているのでうれしいです」と 奥様。  杉の無垢( むく)材を使った床や階段は、 手触り、足触りも柔らかく、気分も和みます。 「使い込むほどに輝きが出る天然木の経年 変化も気に入っています。初期費用を抑える より、長年にわたってかかるランニングコスト を抑える方を選びました」とKさん。天然素材 の家は、この先も育ち盛りの子どもたちの 成長とともに味わいに深みを加え、長く家族 を守る家としての機能を果たしていくこと でしょう。 リビング一角には薪(まき)ストーブを設置。ストーブで暖まった空気をファンで下に 送り、冬は部屋全体に穏やかな暖かさが行き渡ります 玄関から直行できる和室は、生活空間を通ることなくゲストをもてなすことができ ます。天井の埋め込み照明が明るさと雰囲気を演出 お姉ちゃん2人が共用する子ども部屋。間の柱で仕切ることも可能です。壁の向こう のロフト付きの部屋は男の子用 床や壁は杉の木目を生かす〝浮造り〟。自然の息吹が感じられ、家族みんなが集まって も余裕のリビング 焦げ茶と白に黄土色で塗り分けられた外壁が暖かみと家族の個性を感じさせま す。竹垣や板塀はご主人の手づくり A A B C D プランニングコンセプト1F リビングダイニングは広々したスペースを確保 し、家族みんながくつろげる空間にしました。杉 の天然木と漆喰が体に優しく、リラックス感を 醸し出しています。 2F ロフトや屋根裏部屋など子どもたちの楽しみ満 載の2階部分。子どもの成長に合わせて間仕 切りを設けることも可能なフレキシブルな造り です。 幸せな家づくり2015 Spring B C E D E 宅建取引主任者・福祉住環境コーディネーター 椨木 惠子 家の周囲に立てられた竹垣や板塀からリビングのテーブル、トイレの 木製の鍵に至るまでKさんご自身の手づくりが溢れる家です。〝家族 の喜ぶ顔を見たい〟という思いが詰まった家づくりを拝見し、心まで 温かくなりました。 from Editor 家づくりは、施主様にとっての一大事業です。図面の段階でも 何度も検討を加え、施工中の現場でも何回も打ち合わせを させていただきました。完成後に悔いを残さないよう、心を 込めて対応させていただきたいと思っています

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です