新規ブック
85/168

丁寧に日々を楽しむ、 ゆとりのスローライフを実現 A 83 床は無垢(むく)のオーク材、壁にはエッグウォール、エッグタイルなど。高級資材が低価格で実現できるのもR+house ならでは 広い玄関には、たっぷり収納できる納戸を設置。ビルトインガレージから直接出入りできるので、車から趣味の道具などを 雨に濡れずに出し入れできます 奥行きのあるスペースは落ち着いて仕事をするのに最適な書斎。たっぷり収納できる本棚も造りました 周囲の風景を楽しむカメラのようにも見える建物。外壁の白い塗料には、伸縮性・通気性・防水性・断熱性に優れた超弾性 スタッコを使用。黒いガルバリウム鋼板と木を組み合わせてすっきりと C D A B CD  鹿児島中央駅から車で5、6分、閑静な住宅 地の一角に完成したばかりの新居。家の周囲の山 は竹や草木に覆われ、一帯には、市街地とは違う ゆっくりした時間が流れているようです。  広い敷地を生かして建てられた個性的な外観 の家は「室内から、刻々と流れゆく月や星を眺 め、雨の日にはひさしから落ちるしずくを見て 自然を感じたい、とおっしゃる施主様の要望にお 応えして設計しました」とR+house(アール・ プラス・ハウス)鹿児島中央店の成尾留美子さん。 その言葉の通り、長いひさしが特徴的で、2カ所 にウッドデッキも据えられています。  広々とした玄関を抜け、リビングに入ると吹 き抜けになっており、2階の窓を通して空が見 えるようになっています。リビング隣の寝室から も空が眺められるよう、リビングとの間にアクリ ル窓がはめ込まれていました。寝室に横たわって もできる限り長い時間、月や星が見られるよう、 施主と建築家で角度などを綿密に計算して窓を 配置したそうです。そして、南側の窓から外を見 ると、なんとアミュの観覧車が見えます。緑の山 に囲まれた閑静な家の中から月や星、そして街 の明かりまで望めるとは、なんともぜいたくな 気分です。広い庭には菜園を作り、DIYで炉を 設け、友人知人の集いの場にしていく予定です。 毎日の生活そのものがスローライフ。そんな施 主のゆとりあるライフスタイルが反映された 家です。 B プランニングコンセプト 1F 吹き抜けのあるリビングから夜空の月や星を眺め、 室内でも自然を感じられるような家。雨の降る日も 楽しく過ごせる家にしました。 2F フリースペースやバルコニーから街の明かり(夜景)を 眺められる場所。皆が集まった時に泊まれるような予備 スペースを設けました。 幸せな家づくり2015 Spring

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です