lovefamily2016autumn
43/158

41 玄関ホールと和室、LDK、水回りを配置しました。リビングにはストーブを設置し、天井のシーリングファンで吹き抜けを通して風を循環させていますリビングの吹き抜け上部に回廊を設け、ご主人の仕事コーナー、子ども室、ウオークインクロゼット併設の主寝室を配置しました。ロフトも収納スペースとして十分な広さを確保 1F2F 3FBA  「城山を通った時に偶然目にしたサイエンスホーム。日当瀬さんも宮之城出身ということで縁を感じました」とご主人。歴史探訪やお城巡りが趣味のFさんは、天然木の心地よさと、日本建築の伝統美をほうふつとさせる真壁工法に魅了されたとか。 玄関ホールから、まずは和室へ。「お客様が多いので、家族が集うリビングを通らず和室に案内することもよくあります」と奥様。和室は客間としてだけでなく子どもの学習スペースとしても利用されています。 床、天井、梁に天然木をふんだんに使ったLDKは、重厚感とノスタルジックな趣で、上質な空間を演出。非日常の心地よさに癒やされます。炎が豊かで温かい気分にしてくれるというストーブも存在感を放っています。「家族がいつも顔を合わせる造りにしたかったのでリビングからの階段にこだわりました」とご主人。吹き抜けを介して上下階で会話できる設計は、子育て世代ならではの配慮。吹き抜けを囲むよう設置された階段は、直線的な造形美が空間を引き締めています。手すりのロートアイアンは奥様のセレクト。「デザインはもちろん、通気性が良いところも気に入っています」。 帰宅したばかりの子どもたちも加わり、にぎやかなおしゃべりタイム。優しい空気が、さりげない日常を包んでいます。 「日本人は木が好きなのか、木に囲まれていると不思議と心が落ち着き、香りで癒やされます。時と共にさらに味わいが増し、快適な暮らしを送ることができます」。担当の日当瀬さんもうれしそうです。Cリビングの吹き抜け上部に取り付けたシーリングファンが風を動かし、快適な空間にしていますリビングからロフトまで、2カ所の階段手すりにはデザイン性の高いロートアイアンを使いました。通気性も良好です2階はフリースペースとプライベートルームが回廊でつながっています。リビングと視線が交わる大空間ですABC天然木の心地よさ声が届く距離感が心をつなぐFさんご一家プランニングコンセプトここが私たちのお気に入り幸せな家づくり2016 Autumn・Winter 天然木をふんだんに使ったリビングに、憧れだったストーブを設置しました。吹き抜けを介して子ども部屋まで目が届く視界の広さと、快適な間取りが気に入っています。ロフト吹抜寝室子供室1 子供室2仕事コーナーWCウオークインクロゼット吹抜LDKストーブUPUBWC洗面脱衣室収納収納玄関和室UPDNDN

元のページ 

page 43

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です