lovefamily2016autumn
44/158

42真壁・無垢・低価格を実現!時間と共に味わいが増す〝本物〞の家づくり 「昔のキズや思いが家族の歴史として刻まれるような…古くなるのではなく味わいが出てくるような、そんな本物の家をお客様と造り上げたいと思っています」と熱い思いを語る日当瀬さん。「真壁工法」とは、柱を隠さずに見せる工法のことです。日本の昔ながらの工法で、湿気の多い日本、特に鹿児島には適しています。湿気の多い時期には湿気を吸い、乾燥した時期には湿気を吐いてくれます。木を表に使うことで、住む人に優しい家になります。さらに高性能の窓や外張り断熱材などを使うことで、現代にマッチした、新しい快適なオリジナル空間となります。 在来軸組工法に2×4構造のパネルを組み合わせたハイブリッド構造によって、変形しにくい強い耐震性も備えています。 木の心地よさと機能を備えた家を低コストで提供できるのも、全国にネットワークのあるサイエンスホームグループならでは。 「新築の時にかっこいいのは当たり前。10年、20年と時間がたつにつれてどんどん味わいが増し、かっこよくなる家を造ります。家を建てた後も快適な暮らしを送ることが真の目的です。木をふんだんに使い、高性能で低価格。〝不可能を可能にした特別仕様の家〞の温もり&リラックス空間をぜひ体感してください」□建設業許可番号/鹿児島県知事(特- 26)第6993号□一級建築士事務所登録番号/鹿児島県知事登録1-25-151号□宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事登録(7)3704号□取り扱い業務/新築一戸建てNo. 5 □取り扱い工法/木造資料請求巻末ハガキサイエンスホーム鹿児島店担当者 日当瀬 賢さんFrom Editor 「懐かしいのに新しい NEO NOSTALGIA」。サイエンスホームの家づくりの思いです。経年と共に味わいの出る〝本物〟の高品質な家を低価格で提案することにより、快適な生活を提供します!グッドデザイン賞を2年連続受賞しました!思い出の品や、季節家電、衣類、書類など何でも収納できる広々スペース白の外壁に茶色の窓枠や煙突、ランダムな色合いの屋根がアクセントの外観学校から帰宅した子どもたちとおやつを食べながらおしゃべりを楽しむ日常の一コマ。キッチンに立つ奥様はにこやかに見守っていますリビングの大黒柱では記念の掛け時計が家族の時を刻んでいますFGF幸せな家づくり2016 Autumn・WinterGDDEE 本文に紹介しきれませんでしたが、浴室からの景色も圧巻でした。目の前の山の緑を借景に、心が洗われる光景が眼下に広がっていました。「疲れが吹き飛び癒やされます」というご主人の言葉に納得。

元のページ 

page 44

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です