新規ブック
140/164

 「テーブルコーディネートでは、装 花も大事な要素です。用意したテー ブルクロスの雰囲気や器と調和の取 れたものにしましょう。例えば、クロ スをグリーン系にしたら、生ける花 もグリーンを中心に合わせるといい ですね。また、器の下に敷く大きな 皿やトレー(盆)と、装花の器の色味 も合わせると、より統一感がでます」 と平野さん。  和の器のコーディネート例では、 透明な三段重に合わせて、メインの 装花も透明感を生かしたガラスの 器に。また、サイドの装花は八角盆 に合わせて、黒漆塗りの小ぶりなコ ーヒーカップを用いました。  おもてなし料理は、晩春から初夏 をイメージし、「ばらの花寿司」を中 心に、地元の食材を生かした 10 品と しました。「季節を感じる演出で、お もてなしの心を伝えられるといいで すね」と平野さん。      装花協力:Fleur de mignon          (フルール・ド・ミニョン) ●材料(2本分):酢飯(米2カップ分・米 酢大さじ4・砂糖大さじ3・塩小さじ1と 1/2)、でんぶ(ピンク)10g、紅しょうが 30g、薄焼き卵2~3枚、ゆでたインゲン 9本、のり2枚 ●作り方(1本分) ①酢飯の半量にでんぶを混ぜる ②巻きすに薄焼き卵を置き、❶の酢飯を 散らした上に紅しょうがを散らして巻く ③巻きすにのりを縦長に置き、1/2量の 白い酢飯を一握り分残して平らに広げる ④中心から2、3㎝離れたところに菜箸 で手前に1本、奥に2本溝を作り、塩ゆ でしたインゲンを置き、中心に❷を置く ⑤巻きすを左右から寄せ合わせ、合わせ 目に残した白い酢飯を載せてしっかり巻 く ⑥❺を8等分に切り、器に盛る ⑦梅酢生姜のバラ仕立て、そら豆のシロ ップ漬けを添え、薄焼き卵を花びら型に 抜いたいものを散らす 一の重「ばらの花寿司」 「ばらの花寿司」のお弁当仕立て ・鰆の菜種焼き(今回は鮭を使用) ・春雨とワカメのあえもの ・たけのことつわぶきの煮物 二の重の内容 〜テーブルを彩る装花も大事な要素〜 三段重のお弁当仕立てで 和風のおもてなし わが家の おもてなし 和のコーディネート ・海老のしんびき揚げ・ とりのつくね ・かぼちゃの煮物 ・なすの南蛮漬け ・黒豚の辛子味噌漬け ・卵焼き  三の重の内容 ❷ ❹ ❺

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です