新規ブック
33/164

31 幸せな家づくり2016 Spring・Summer 大屋根の外観は構造を単純化するためのものです。 室内空間は断熱性能を上げ、「温度のバリアフリー」 も行っています。換気システムにも地熱を利用し、 徹底的に省エネを実現しています。 2階は将来的には使われない ことを前提に、最小限の寸法 にしてあります。寝室も1階に しつらえました。   プランニングコンセプト 1F 2F B A  「もみの木の家」を訪れて数日が過ぎた今もなお、そ の部屋で感じた心地よさが余韻のように残っています。  新建設が天井や床などの内装材として使うのはド イツ・シュバルツバルト地方産の厳選されたもみの木。 浮造り(うづくり)加工が施された床板は足裏に心地 よく、木のぬくもりを伝えてきます。「みんな帰宅する と、すぐに靴下を脱ぐんです」という奥様の言葉通り、 外は冷たい風の吹く日だったにもかかわらず、ご家族 全員が素足。広いリビングにはカーペットもスリッパ も見当たりません。  室内にふんだんに使われたもみの木は、穏やかな風 合いが魅力。時間をかけて天日乾燥させた木は、材木 になってからもフィトンチッドが放たれ、室内の生活臭 やペットの臭いなどを自然に分解するのだそうです。 また、室内の湿気を調節する役割もあり、年間を通し て適度な湿度をキープ。冬場や梅雨時期に洗濯物の 室内干しをしても部屋がジメジメすることもありま せん。  壁に使っているのもドイツ産のおがくずと新聞古紙 で作ったオガファーザーという内装材。化学物質を揮 発することのない、人に優しい素材で作られています。 「衣服は第二の皮膚、家は第三の皮膚と言われていま す。食べ物や飲み物の安全に気を配るように、住環境 に気を配ることも大切です。お客様の健康を考えてた どり着いたのが、もみの木の家」と、新建設の竹下さん は語ります。 新建設さんは、〝ゆるぎないもの〟を提 供してくださいました。竹下社長に出会 えて本当に良かったです。こんなに楽し く暮らせる家もあるんだな、と日々感激 しています。両親やご先祖様にも感謝 の気持ちでいっぱいです。 C D 収納を中心に回遊できるため、玄関に来客があって もトイレや洗面所に動くことができます。飾り棚がア クセントに ダイニングの脇に書斎を設けました。自宅で仕事を する時も子どもたちの姿が視野に入ります 2階建てなのに平屋に見える仕掛けです。一般的に 外観が作りにくいと言われている北側道路の家です が、大屋根を道路側からかけてダイナミック感を出し ています サウンドシャワー付きのお風呂と広く取った洗面所。 仕事帰りの疲れをしっかり癒やすスペースです A B C D 自然素材の発する 心地よさに包まれて、 健やかに暮らす ここが私たちのお気に入り Mさんご一家 子供室1 子供室2 吹抜 バルコニー WC 洗面室 物入 物入 押入 寝室和室 仏間 パントリー 書斎 収納 シューズ クロゼット 倉庫 玄関 LDK UB WC ウオークイン クロゼット

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です