新規ブック
50/164

48 幸せな家づくり2016 Spring・Summer 生活ストレスを軽減する居住性と 経済性にも優れた家!  夫婦用に2台、訪ねてくる親族のために1台、合計 3台の駐車スペース。そして広い居住空間、3人の子ど ものために3つの子ども部屋を造る、というのがM家 の必須項目でした。「限られた敷地を効率よく生かす ため、かなり設計に工夫を凝らしました」と前原さんは 胸を張ります。屋根全面には太陽光発電パネルを設 置。売電による光熱費削減が見込めます。子どもたち が成長する時期、家計を抑えることができるのはうれ しいものです。  外観、インテリアともに白とベージュを基調にした 柔らかな印象のお宅ですが、アクセント的存在になって いるのが和室。焦げ茶色の琉球畳と床の間のクロスが 空間をぐっと引き締めています。玄関脇に位置し独立 した部屋になっているので、ゲストルームとしても好 適です。和室の思い切った配色を提案したのは奥様だっ たそうです。長年住まう家ですから、納得するまで意見 を交わすことは大切ですね。  「学校も近く、スポーツクラブに歩いて行けるように なったので、こちらに引っ越してきて良かったです。庭が ないのは寂しいかなと思ったのですが、公園は近いし、 実家に帰れば自然はいっぱいあるし」と笑顔のMさん 夫婦。奥様はキッチンから水回りへの効率的な家事動線 もお気に入りです。子育て中の生活ストレスを軽減し、 子どもたちの学び時間を豊かにしてくれる場が出来 上がりました。 □建設業許可番号/鹿児島県知事(般-24)第11688号 □宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事(7)第3444号 □取り扱い業務/不動産全般、特定建設、一般住宅設計施工 □取り扱い工法/木造軸組在来工法 No. 7 資料請求 巻末ハガキ G 株式会社 国分ハウジング 前原 睦郎さん  2度とない子どもの成長過程を第一に考え、笑顔で見守るご夫妻の情熱と心優し い姿が印象的でした。好きなことに伸び伸びと打ち込むことができる子どもたちの 成長と活躍が楽しみです。 From Editor 経済面も含め、将来にわたって喜んでいただける家を提案すること を心しています。ご夫妻とも打ち合わせを通じてコミュニケーション を深め、ご要望と予算面を調整していきました。ご期待に応える良い 物件が出来上がったと自負しております。 子どもたちそれぞれが自分らしく過ごすことができるよう造った3つの子ども部屋。どの部屋も採光 が良い設計です 焦げ茶色の琉球畳と床の間奥の壁が空間を引き締めます。折り目模様のような天井クロスも陰影 を醸し出しています 寝室には3畳のウオークインクロゼットG を設え、服や季節用品などたっぷり収納できます F F E E

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です