新規ブック
57/164

55 幸せな家づくり2016 Spring・Summer B C A E D スキップフロアを作ることでリビングに開放感を演出。一段低いスペースはくつろぎに最適 階段の中間踊り場はご主人の書斎に。家族の声を聞きながら1人になれる大事な場所です リビングの一画に設けられたワーキングスペースは奥様の工房 シンプルなスタイルの中にエントランスの角丸がやさしい印象を与えています 広々としたつくりの玄関とたっぷり収納できる土間収納 ABCDE  キッズデザインで子育て世代に人気の高いアイフル ホーム。小さい子どもの安全に配慮した安心設計の お宅を数々見学してきましたが、今回お伺いしたOさ ん宅では、成長期のみずみずしいオーラを放つ娘さん 2人が出迎えてくれました。  「女の子同士なので、間仕切りを開ければ一つの部屋 になるよう子ども部屋を取ったのですが、仕切りのあ る個室の方が良かったみたいです」と奥様は笑います。 思春期の子どもたちにとって、ひとりで過ごすことの できる部屋は大事な城。「お父さんに聞かれたくない 話もあるからね」。中学時代、自室を作ってもらった 私自身のうれしい思い出がふっとよみがってきました。 スポーツ万能のお父さんの素質を受け継ぎ、それぞれ テニス、空手に精進する娘さんたち。室内にはトロ フィーや賞状もずらっと並び、ぐんぐん伸びゆく若木 のような勢いが伝わってきます。ある程度子どもが成 長してからの家づくりは、子ども自身の要望を取り入 れたプランを作ることができるのがいいところですね。  ご夫婦は 10 年ほど前から家づくりを考え、ハウス メーカー各社を見て回りましたが、しっくりくる出会い がなかったそうです。お二人の結婚式でウエディング プランナーを務めた方を通じて、一昨年、アイフルホー ムに縁がつながり、そこからは一気に進んできました。 家づくりにはそれぞれに最適のタイミングがあるもの です。 開放感のある室内にしたかったので、リビン グを一段下げていただきました。ここでくつ ろぐ時間が好きです。人が大勢集まっても椅 子やテーブルなしで過ごせます。階段下のお しゃれな収納スペースも気に入っています。 子どもたちの 個性を伸ばす 成長期の家づくり ここが私たちのお気に入り Oさんご一家

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です