新規ブック
82/164

80 幸せな家づくり2016 Spring・Summer 今と昔がコラボしたオリジナル空間 不可能を可能にした高性能・低価格の家   「真壁工法」とは、柱を隠さずに見せる工法のことで す。最近は、柱が壁で隠された大壁(おおかべ)工法が 一般的ですが、真壁は、日本の昔ながらの工法で、湿気 の多い日本、特に鹿児島には適しているといえます。 梅雨時の湿気の多い時期には湿気を吸ってくれますし、 冬の乾燥した時期には湿気を吐いてくれます。木を隠 さずに表に使えば、住む人にも優しい家になります。そ して高性能の窓や外張り断熱材などを使うことで、 現代にマッチした、新しい快適なオリジナル空間が完成 しました。在来軸組工法にパネルを組み合わせたハイ ブリッド構造によって、変形しにくい強い耐震性も備え ています。  木の心地よさと機能を備えた家を低コストで提供 できるのは、サイエンスホームならではです。無駄と 手間を省き、窓サッシやドアなどの建具を統一するこ とでコストを削減しています。  日当瀬さんは語ります。「日本人は木が好きなのか、 木に囲まれていると落ち着き、香りで癒やされます。真 壁の家は、懐かしさがあり、インテリアとしても〝かわ いい〞〝かっこいい〞空間が特徴です。時とともにさらに 味わいが増します。しかし、家を造るだけでなく、家を 建てた後も快適な暮らしを送ることが真の目的です。 木をふんだんに使い、高性能で低価格。〝不可能を可能 にした特別仕様の家〞の温もり&リラックス空間をぜひ 体感してください」。 □建設業許可番号/鹿児島県知事(特-26)第6993号 □宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事登録(6)3704号 □設計事務所登録番号/知事登録1-25-151号 □取り扱い業務/新築一戸建て No.15 □取り扱い工法/木造 資料請求 巻末ハガキ F E サイエンスホーム鹿児島店 担当者 日当瀬 賢さん 壁や天井、梁に木がふんだんに使 われた内観に、しっくりなじむ心地よ さを覚えるのは、やはり〝懐かしいの に新しい〟昔ながらの真壁工法だから でしょうか。  心がほどける癒やし空間です。 From Editor 時間とともに味わいの出る高品質な 家を低価格で提案することにより、 快適な生活を提供します! グッドデザイン賞2年連続受賞しま した! G 車が大好きなご主人こだわりのガレージ。ガラスを隔て リビングの家族とも視線を交わすことができ、勝手口から の出入りも可能 主寝室に隣接する収納部屋。服や帽子などショップのディ スプレイ棚のように収納されています リビングとガレージを見渡せるキッチンは手元が隠れるハ イカウンター仕様。床は土間のようなタイル貼りになって いるので、掃除が楽です G F E

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です