新規ブック
93/164

91 幸せな家づくり2016 Spring・Summer B C A C 玄関から千本格子の引き戸を開けると広々としたリビングへ。床に敷かれた無垢の赤松がぬくもりを与え てくれます。家具も造作もオリジナルの木製品 空を近く感じる高台の団地に立つ家からは豊かな緑と松陽高校の赤い屋根が見えてのどかです 自由にレイアウトできる2階スペース。tsumikiのお家に似合うウッディな飾りが壁を飾っています A BC  鹿児島市松陽台の南西端、見晴らしのよい場所に 立つシンプルな家は、一歩中に入ると森の息吹を体感 できるような天然木の家。上質な無垢材にこだわった 家づくりを全国で展開する「夢ハウス」のパートナーで あるモリホームが施工した、自慢の一棟です。  構造材から内装、建具、造作、家具にいたるまで天然 の無垢材がふんだんに使われ、ほのかな木の香りが 心地よい室内。木々の特性を生かし、数種の無垢材を 組み合わせて使っているのも特徴的です。床や廊下に は、木目が美しく温かみのある赤松。洗面・脱衣所に は、硬くて強いタモの木。そして、収納や寝室には、昔 から高級たんすや保存箱の材として用いられてきた桐 が惜しげもなく使われています。木の個性が巧みに 使い分けられ、まさに〝適材適所〞で素材が生かされて いることが伝わってきます。  天然木は温かみのある風合いに加え、通気性、調湿 性に優れるという特徴があります。湿度が高いときは 水分を吸収し、乾燥時には水分を表出させます。中でも 高い調湿効果を持つのが桐。熱伝導性も低いため、昔か ら、火事のときは桐たんすに水をかけると良いといわ れてきました。防虫作用もあることから、高価な美術 品や骨董品などを収納する箱の材としても使われて きました。桐の部屋で眠る朝の目覚め、きっとすがす がしいことでしょう。 〝適材適所〞の 無垢材がつくりだす 心地よい空気と肌触り

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です