lovefamily2017spring
144/166

バリアフリーリフォーム 高齢者や要介護・要支援認定者、障がい者本人、またはそれらの人と同居する人が自ら所有し居住する住宅のバリアフリー改修工事を行ったときに使える制度。一定のバリアフリー改修工事を行った場合、年末ローン残高を上限に、工事費の2%または1%が5年間、所得税から控除されます。省エネリフォーム 自ら所有し居住する住宅の省エネ改修工事を行ったときに使える制度。決められた要件を満たす省エネ改修工事を行った場合、年末ローン残高を上限に、工事費の2%または1%が5年間、所得税から控除されます。同居対応リフォーム 自ら所有し居住する住宅の三世代同居改修工事を行ったときに使える制度。一定の三世代同居改修工事を行った場合、年末ローン残高を上限に、工事費の2%または1%が5年間、所得税から控除されます。(  改 修後の 居 住開 始日が  )平成26年4月~平成33年12月の場合(  改 修後の 居 住開 始日が  )平成26年4月~平成33年12月の場合(  改 修後の 居 住開 始日が  )平成28年4月~平成33年12月の場合2017 Spring・Summer ■ 幸せな家づくり 142リフォーム 知っておきたい基礎知識 自己資金のみの場合、またはローンを利用してリフォームを行った場合のどちらにも適用できる、所得税の減税制度。「耐震」「バリアフリー」「省エネ」「同居対応」のリフォームが対象です。控除期間1年間1 投資型減税住宅リフォームの主な減税制度PART2  住宅リフォームを行うと、要件を満たす場合には税の優遇を受けることができます。さまざまな制度がありますが、ここでは所得税の控除について紹介します。制度を知って、お得にリフォームをしましょう。耐震リフォーム 自ら居住する住宅の耐震改修工事を行ったときに使える制度。昭和56年5月31日以前の耐震基準で建築された住宅が、現行の耐震基準に適合させるための耐震改修工事を行った場合、控除対象限度額を上限として10%が所得税より1年間控除されます。最大控除額25万円バリアフリーリフォーム 高齢者や要介護・要支援認定者、障がい者本人、またはそれらの人と同居する人が自ら所有し居住する住宅のバリアフリー改修工事を行ったときに使える制度。一定のバリアフリー改修工事を行った場合、控除対象限度額を上限として10%が所得税より1年間控除されます。最大控除額20万円省エネリフォーム 自ら所有し居住する住宅の省エネ改修工事を行ったときに使える制度。決められた要件を満たす省エネ改修工事(一般断熱改修工事)を行った場合、控除対象限度額を上限として10%が所得税より1年間控除されます。最大控除額25万円同居対応リフォーム 自ら所有し居住する住宅の三世代同居改修工事を行ったときに使える制度。一定の三世代同居改修工事を行った場合、控除対象限度額を上限として10%が所得税より1年間控除されます。最大控除額25万円 ローンを利用してリフォームを行った場合にのみ適用できる、所得税の減税制度。「バリアフリー」「省エネ」「同居対応」のリフォームが対象です。控除期間5年間2 ローン型減税控除期間10年間3 住宅ローン減税※太陽光発電設備設置時は35万円最大控除額62.5万円5年間で最大控除額62.5万円5年間で最大控除額62.5万円5年間で(  改 修工事 を した期 間が  )平成26年4月~平成33年12月の場合(  改 修後の 居 住開 始日が  )平成26年4月~平成33年12月の場合(  改 修後の 居 住開 始日が  )平成26年4月~平成33年12月の場合(  改 修後の 居 住開 始日が  )平成28年4月~平成33年12月の場合 返済期間が10年以上の借入金で住宅を増改築した場合、年末ローン残高の1%が(  改 修後の 居 住開 始日が  ) 10年間、所得税から控除されます。平成26年4月~平成33年12月の場合最大控除額400万円10年間で

元のページ 

page 144

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です