lovefamily2017spring
48/166

風と子どもの笑い声が通り抜けるつながりのある空間 家の真ん中の暖炉に薪をくべると、家全体がじんわりと暖まります。吹き抜けを通じて家全体に熱が行きわたり、2階の暖房もほとんど使いません。夜に薪をくべておくと、朝も暖かさが残っていて「朝起きてキッチンで家事をするのが苦にならなくなりました」と奥様もにっこり。 対照的に夏は涼しく過ごせます。リビング外の軒を出して直射日光を防ぐ造りに。また、リビングから2階、各部屋へは窓やドアでつながり、窓を開ければ家の中を風が通り抜けます。とても快適で29℃までならエアコン要らず。電気代も安くなったそうです。 キッチン回りは毎日家事をする奥様のために、楽しく過ごせる工夫を凝らしました。コンポを置ける場所を確保し、好きな音楽を聴きながら家事ができるように。キッチン横の寝室への扉はマガジンラックにして、お気に入りの本やお酒を置いて、好きな物に囲まれる空間にしました。 新しいわが家がうれしいのか、3人の子どもたちは元気に家中を駆け抜けます。2階の子ども部屋の本棚はスライドさせれば物置小屋への入り口。秘密の扉を開けるみたいで、何度も行ったり来たりします。冒険心をくすぐられる遊び心ある設計が随所に光ります。 夜になると、ライトアップされた庭の木が料亭のような雰囲気に。「リビングで庭の木を眺めながら、ゆっくりグラスを傾ける時間は最高ですね」とご主人も大満足でした。1 スライド式の本棚は、まるで秘密の部屋への隠し扉2 無垢の木材に珪藻土の壁の子ども部屋。心地よい空気に包まれて 勉強もはかどりそう3 ダイニング横の棚には、本やお酒を飾るスペースを。お気に入りの 本を持ち寄って家族で会話が弾みます4 離れた場所にいても、お互いの声が届きます2017 Spring・Summer ■ 幸せな家づくり 46213 4□建築業許可番号/鹿児島県知事(般‒24)第11688号□一級建築士事務所登録番号/           鹿児島県知事登録1-23-226号 □宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事登録(7)3444号□取り扱い業務/不動産全般・一般建設業・一般住宅設計施工6 □取り扱い工法/木造軸組在来工法資料請求巻末ハガキNo.IAMUS担当者 有村 健弘さん ただ家を建てるだけでは面白くありません。庭でのバーベキューや、本を読めるデッキスペース、お酒がおいしく飲める眺望など、面白く暮らすための提案を大切にしています。 冬の寒い日の取材でしたが、家に入った瞬間感じた爽やかな木の香りと体を包み込んでくれるような暖炉の暖かさ。とても快適で、ここから離れたくなくなりました。From Editor

元のページ 

page 48

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です