lovefamily2017spring
66/166

2017 Spring・Summer ■ 幸せな家づくり 64居心地の良い高品質な住空間に包まれてあたたかく紡がれてゆく家族の物語 鹿児島市街地北部の高台に住むKさん一家。現在、高校1年生になる長男が小学校に入学する時、セキスイハイムの中古物件を購入。子どもたちの成長に合わせ、昨年建て替えたのがこの家です。他社での建築も視野に入れ、数社見学に行かれたそうですが、最終的にセキスイハイムに。その理由を伺うと「まず、エアリーは外せなかったね」とKさんご夫婦。セキスイハイムの「快適エアリー」は、高性能換気システムと冷暖房・除湿ユニットを組み合わせた屋内全体の空調システム。降灰やPM2・5、花粉など外気の汚れをシャットアウトしながら新鮮な空気を循環させ、快適な温度と湿度を保つシステムです。居室と廊下、浴室、トイレなどの気温差も小さく、体のストレスが軽減されます。夜、脱衣室に干した洗濯物が一晩で乾くのもエアリーの効果だそう。 また、以前の住宅にお住まいのころから、ネジ1本、戸車1個の補修でもすぐに対応するアフターサポートの良さを知っていたことも大きなポイントでした。「打ち合わせを30回くらい重ねました。細かい要望もたくさん出しましたが、的確に設計図に反映されるだけではなく、予想以上に良い提案が返ってくることもあり、安心して家づくりを進められました」とKさん。「私は頭「快適エアリー」システムで暑い時も寒い時も快適な室内環境NO. 8窓側から見たリビング。基調のオフホワイトにネイビーのキッチンがアクセントに。機能的でスタイリッシュなデザインの空間です

元のページ 

page 66

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です