lovefamily2017spring
69/166

成長期の子どもを健やかに育む家族団らんの場とプライベート空間 24畳の広さを持つリビングは家族団らんの場。プランの最初に気を配ったのは、小学生の長女が愛用するピアノの配置と床の強度。「一人で練習するのは寂しいし、子ども部屋にピアノを置いても、なかなか練習しないから」「好きなピアノをずっと楽しんでほしくて」と笑顔で語るご夫婦。2階へつながる階段の壁面にしつらえた飾り棚には、子どもたちの写真集や作品、賞状などが飾られ、ここからもお二人のこまやかな愛情が伝わってきます。「学校の階段の踊り場のように、ここは家族の掲示板にしたかったんです」とご主人。リビングはすっきり片付けたいけれど、子どもの作品も眺めたい、という家族の気持ちを満たす良いアイデアです。 一家団らんのリビングスペースとは別に、2階には子どもたちとご夫婦のプライベートスペースを設けました。休みの日や夜寝る前のひと時、思い思いに過ごすことができます。家族みんなで一緒に過ごす時間、それぞれ好きなように過ごす時間。成長期の子どもたちにとっては、どちらの時間も、心育む大切なひと時となっています。 「住んで1年になりますが、気に入らない場所はありません。パーフェクトです」とご主人。プランの段階で家族の望む方向をはっきりさせたことが、家づくりの成功につながったと感じられました。1 子ども部屋のはしごを登ると秘密基地のようなロフトスペースで遊び心 満載。時折お父さんの書斎代わりに2 夫婦の寝室。手前は、ソファセットが置かれたプチ・リビング。寝る前のひと時、 二人でゆっくり過ごすくつろぎの空間です3 成長に合わせた使い方ができるよう、女の子らしい色使いながらもシン プルさを大切にした部屋に。張り替え可能なウォールシールにも対応4 階段の壁面に設けた飾り棚。家族の喜びや笑顔が伝わってきます5 お気に入りのLDKのカウンタースペース。家族が代わる代わる利用67 幸せな家づくり ■ 2017 Spring・Summer □建設業許可番号/国土交通大臣(特‒22)第21314号□一級建築士事務所登録番号/鹿児島県知事登録第1-27-83号□宅地建物取引業免許番号/国土交通大臣(3)第7094号□取り扱い業務/注文住宅、建売住宅、宅地分譲、リフォーム□取り扱い工法/鉄骨ユニット工法、2×6ユニット工法8資料請求巻末ハガキNo.12 3 45セキスイハイム九州 株式会社担当者 営業部 興梠 祐将さん 弊社の理念は「時を経ても、続く価値を」。お客様のご要望にきめ細かに寄り添い、10年、20年たっても変わらない品質を提供し続けるのがセキスイハイムの家づくりです。 家づくりを通して、成長期の子どもたちに居心地の良い環境を整えるのと同時に、ご夫婦の時間を大切に日々過ごされるお二人の姿が印象的でした。From Editor

元のページ 

page 69

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です