lovefamily2017spring
84/166

高性能の断熱技術に自然素材の心地よさ キッチンの天板にはセラミック素材を使用。熱に強いため鍋をそのまま置くことができ、鍋敷きを探す手間を減らします。広いキッチンは、こねたり、材料を量ったりと何かとスペースが必要な、奥様の趣味のお菓子作りが快適にできるようになりました。 キッチン脇にあるのは奥様の家事室。「ハウルの動く城の帽子屋さんのイメージ」というリクエストに応えて設計された空間は、キラキラのビーズが飾られた収納棚、色とりどりの糸やリボンが並びます。どんなものが生まれるんだろうとワクワクする雰囲気です。パソコンを置いたスペースは「子どもが大きくなったら、宿題をする場所にいいのかも」と柔軟な発想。 「自然素材の心地よさが気に入っています。空気も気持ちいいです」とご主人。壁には、姫路城や大阪城の改修工事にも使われた漆喰(しっくい)を使用。床一面に使用した無垢の杉材は、燻煙処理を2回施し、余計な水分を抜いて熱固定してあるので、隙間ができるのを防ぎます。杉の木目を出して浮造りにしてあるので、夏はさらっと、冬は暖かく、浮造りの凹凸が気持ちのよい足触りです。 さらに快適な室内を守るのが外断熱二重通気工法。高気密で隙間なく施された断熱材と、湿気のたまりやすい内側に施された二重通気。寒さをしっかり防ぎながらも、内側の通気が行き届いているので木材の乾燥状態をよく保ちます。 「暖かくて快適、理想のマイホームができました」と楽しそうなKさん夫婦でした。1 シャビーシックな白い板とヘリなし畳、水色や紺の壁で、どこにもないオリジナ ルの洋風畳空間に2 対面式のキッチンにテーブルをくっつけて、会話しながら料理ができるように 工夫。家族とのコミュニケーションも弾みます3 白と水色を基調とした清潔感ある水回り。黒いアンティークの取っ手が全体を 引き締めます4 棚を設置して好きな物を並べた遊び心ある空間。自然光がたっぷり差し込み 爽やかな印象2017 Spring・Summer ■ 幸せな家づくり 82□建設業許可番号/鹿児島県知事(般‒26)第12910号□宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事登録(4)4443号□気密測定技能者登録番号/建築環境・省エネルギー機構1420号□増改築相談員登録番号/住宅リフォーム・紛争処理支援センター125096号□取り扱い業務/二級建築士事務所、不動産売買仲介、賃貸業斡旋管理、宅地分譲12 □取り扱い工法/外断熱二重通気工法「ソーラーサーキットの家」、一般木造住宅資料請求巻末ハガキNo.12 3 4株式会社 正匠担当者 德重 李沙さん 家は人生をデザインするものです。住む人が安心して長く暮らせるよう室内の温度環境と空気の質を大切にし、少ないエネルギーで生活できる家づくりを提唱し続けています。 タイルや壁の色使いや素材の風合い、随所にちりばめられたアンティークが醸し出す、どこにもない洋風カントリースタイルがすてきなお宅でした。From Editor

元のページ 

page 84

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です