lovefamily2017spring
95/166

93 幸せな家づくり ■ 2017 Spring・Summer 木材の専門知識と経験を生かし長く快適に暮らせる本物の家を造ります 電停、スーパー、病院などがある利便性の高い地に念願のマイホームを構えたSさん。「親戚が住まいの前屋敷さんで建てた縁で勧められ、お願いすることに」とご主人。「高性能エコ住宅にかかわって20年以上になります。建てた後もお付き合いは続きますが、経年変化についても良好なデータを得られています」。担当の前屋敷さんの誠実さが伝わります。「自然素材の安心感と意匠性の高いデザインも気に入りました」と奥様もうれしそうです。  街並みになじむシンプルモダンな外観。外装のサイディングには深みのあるネイビー色のフラット柄を採用しています。「外壁の仕上げ材の一部である杉の無垢材には塗装を行いました。塗料はドイツ製の植物油ベースの自然塗料です。防腐処理をした注入材の上から塗装をしたので、より深みのある色合いになっています」と製材所からスタートした木材のエキスパートならではの詳しい説明が続きます。玄関部分にも杉の無垢板を鎧(よろい)張りしています。 南に面した明るいLDKは、木をふんだんに使った心地よいくつろぎ空間です。壁掛けタイプのテレビをセットするため、無垢の杉板を縦に貼り存在感のあるアクセントウォールにしました。併設の和室は、LDKとトーンをそろえたことで一体化し、全体を大きな空間として活用できます。上吊り押し入れでさらに広さを演出しています。「老後に備え、駐車場から出入りができる大開口のサッシにしました」とご主人。車を降りてLDKに直行できる動線など、優しさに溢れたプランになっています。1 白を基調に木をふんだんに使った気持ちのいいリビング。 テレビ背面には無垢材でアクセントウォールを造作2 和室とLDKを連続させることで、広がりのある空間に3 洗面脱衣所の壁には調湿消臭効果があるといわれてい る内装材モイスを使っています。洗濯物も干せます4 テラコッタ調のタイルを張った玄関。階段下を有効活用 し、ベビーカーやゴルフバッグを置いています23 41株式会社 住まいの前屋敷本社/鹿児島市新栄町1-20http://www.maeyashiki.co.jp099-253-9777No.15DATA FILE新築(夫婦+子ども1人)113.51㎡(34.33坪)99.20㎡(30.0坪)第二種中高層住居地域木造軸組工法60%   80%設計期間/4カ月 工事期間/4カ月お問い合わせ玄関は、ベビーカーやゴルフバッグを置くために階段下を有効に活用。水回りは、歩数を少なくするため近いところに。リビングと和室を一室の空間で使えるように配置。建物全体の窓設計は、パッシブを考慮しています。高数値の高気密・高断熱+パッシブデザインで快適です1F2階は将来家族が増えるのを想定し、可変性のある造りになっています。無駄なく収納を造り、用途別に分けています。結果、収納力たっぷりです2F リビングでテレビを見ながらくつろぐ時間を大切にしています。目の前が電停ですが、音も気にならず、快適に過ごしています。(Sさんご一家)ここが私たちのお気に入り

元のページ 

page 95

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です