鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 南日本リビング新聞社 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
見る目・まもる手キャンペーン 東谷山校区青色パトロール隊 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 見る目・まもる手ロゴ 東谷山校区青色パトロール隊 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
トップページ
地域安全マップとは?
・ 地域安全マップとは?
・ 地域安全マップづくり教室開催!
・ キャンペーン活動途中経過報告
リビング新聞バックナンバー
・ new!!
見る目・まもる手キャンペーン
シンポジウムレポート
(2007年4月7日 597号)
・ 「子どもを守りたい!」シンポジウム開催
(2007年2月17日 590号)
・ 地域の力が子どもを守る!
(2006年11月18日 579号)
・ 地域の力が子どもをも守る!
(2006年10月28日 576号)
・ 子どもを1人にしない安全対策
(2006年7月29日 563号)
・ 子どもにどう教える?知らない人とのコミュニケーション
(2006年6月3日 555号)
・ “地域を見守る目”が子どもを守る 〜あなたの街を再チェック〜
(2006年4月15日 549号)
コラムバックナンバー
協賛企業メッセージ
・ 株式会社 寿福産業
・ 株式会社 昴
・ 鹿児島綜合警備保障株式会社
・ ネッツトヨタ鹿児島 株式会社
・ 株式会社 南九州ファミリーマート

鹿児島銀行
壽福産業
昴
ネットトヨタ鹿児島
南九州ファミリーマート
NTT西日本鹿児島支店
(50音順)

 見る目まもる手
 キャンペーン事務局
  南日本リビング新聞社内
  〒892−8515
  鹿児島市泉町14−1
  TEL.099−222−7288
  FAX.099−225−5009

来年創刊25周年を迎える「南日本リビング新聞社」では、地域の親子の防犯力を高めるために、平成18年から19年にかけての1年間「見る目まもる手キャンペーン」を行っています。
地域安全マップづくりの啓発を中心に、地域や行政、専門家などのインタビュー、シンポジウムの開催など、紙面だけでなく幅広い情報発信を行い、地域力アップを提唱していきます。


 親として、大人として、子どもの安全と成長を守っていくには、どうしたらいいのでしょうか…。
 この近年、子どもを狙った犯罪が多く発生し、街の中には、犯罪を起こしやすい環境がどこにでも存在するようになりました。
 ひと昔前までは、近所の大人たちが子どもたちの登下校を見守り、あいさつが飛び交う中で、地域間での安全が保たれていました。
 けれど「知らない人には注意しましょう」と教えられている今の子どもたちに、大人が気軽に声を掛けただけで、不審者扱いにされてしまうような状況も少なくありません。これでは、地域間の関係は希薄になっていくばかりです。
 そこで、南日本リビング新聞社が注目したことは、「地域コミュニティーの大切さ」。地域を見守る学校区の中には、地域コミュニティーの力である安全や防犯活動のいろいろな要素が含まれています。
これから、子どもたちと地域は、互いにどのように働き掛けたらいいのか。コミュニティーを活性化するにはどうしたらいいのか。人と人がつながることによって、お互いを思いやる、そして、その日ごろのつき合いが、いざというとき、地域の安全、防犯、防災などの、地域の活動につながっていくと考えています。

(リビングかごしま 2006年10月28日 576号)


地域を見守る目
“地域安全マップづくり”が子どもを守る
 リビング新聞「地域安全マップづくり教室」

 
▲ みんなで力を合わせて「地域安全マップ」が完成!
 南日本リビング新聞社では、学校区の児童を対象に、「地域安全マップづくり教室」を開催中です。これまで開催した校区は、鹿児島市立の吉野小、谷山小、武岡小、霧島市立国分北小など、そのほかの学校区でも随時行っています。
 この教室は、子ども自身が街を歩いて自分の手で地図を作り、実際に行動することで、「どんな場所に犯罪が起こりやすいか」をしっかり認識することができます。また、犯罪が起こりやすい場所にいる大人には十分警戒し、犯罪が起こりにくい場所にいる大人には、積極的にかかわることができるようになります。
 ただ、マップづくりで気を付けたいのは、不審者がいたところをチェックする「不審者マップ」や、犯罪があった場所を記した「犯罪発生マップ」にしないこと。
 「地域安全マップづくり」を通して、地域の人々との顔見知りの関係を作ることが、子どもの安全につながり、その地域の防犯環境の改善などの取り組みにもつなげていくことができます。


▲ 9月30日は、武岡小校区の「地域安全マップ教室」を開催   ▲ 住民の人たちへインタビュー 顔見知りの関係になれる   ▲ みんなで力を合わせて「地域安全マップ」が完成!

美しい景色で遊んだ思い出が
環境づくりや街づくりの力となっていく
 こどもエコクラブ「吉野小エコクラブ」

 子どもたちの自主的な活動を温かく見守るために平成14年1月にスタートした環境活動クラブ「吉野小エコクラブ」。
 小学1年?6年の親子約50人が登録していて、鹿児島市内のボランティアグループ「稲荷川をきれいにする会」と「鹿児島市ネーチャーゲームの会」の協力で、吉野台地の自然体験活動を行っています。
 5月はホタルを見る夕べ、6月は川上の山にクラマゴケの植林、7月・9月は稲荷川の散策と川の掃除、川辺のネイチャーゲーム、10月はサンセットウオッチングなど。
「子どもたちには、遊んだときに、すてきだなと思える光景を見せてあげたい」と話すのは吉野小エコクラブ担当の前原隆博さん。「稲荷川で遊んだよね。川を大事にしたよね」と言えるような、みんなで楽しく遊んだことや感動的な思い出こそが、子どもの感覚を鍛え、環境のことや街づくりに興味を持ち始めるきっかけになっていくのだと言います。これからも、大人も子どももh歓声をあげるような活動fを考えているようです。


▲ ネイチャーゲームで森と遊ぶ子どもたち   ▲ 川上の山で、クラマゴケ植林を親子で体験   ▲ 稲荷川をきれいにする会の協力で、稲荷川散策と川掃除

学校の力が地域に働きかけて、
街を活性化する
 中洲校区「鹿児島市立中洲小学校」

 この秋、4年連続「全国小学校ホームページ大賞」の鹿児島県優秀校に選ばれるなど、地域コミュニティーに力を入れている鹿児島市立中洲小学校。鹿児島市内でも最も交通量の多い、中央駅や中洲通りを校区に持つため、地域ぐるみでの防犯活動や交通安全に取り組んでいます。
毎朝、校内や周辺の掃き掃除に加えて、昼食後は、1年〜6年の子どもたちが一つのグループになって、縦割り掃除。「上級生にリーダーとしての自覚が出てきて、低学年の児童たちに教えたり、手伝ったり、とても良い関係ができています」と、校長の前田隆幸さん。また、地域の先輩としてお年寄りとの交流なども毎年行っていて、「地域の中でも学校内でも、縦の社会のつながりの大切さを教えていきたい」。それが、地域コミュニティーを活性化する優しい力へとつながっていくと言います。

     
▲ 全国小学校ホームページ大賞で4年連続県優秀校に   ▲ 定期的に街中の空き缶などゴミ収集も   ▲ 縦割り掃除では、上級生にリーダーの自覚が出てくる   ▲ お年寄りとの交流会で、地域の人から先輩としての話を聞く



Copyright© 2006 Minaminippon Living Shinbun Co.,Ltd. All rights reserved.