鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 南日本リビング新聞社 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
見る目・まもる手キャンペーン 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 見る目・まもる手ロゴ 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
トップページ
地域安全マップとは?
・ 地域安全マップとは?
・ 地域安全マップづくり教室開催!
・ キャンペーン活動途中経過報告
リビング新聞バックナンバー
・ new!!
見る目・まもる手キャンペーン
シンポジウムレポート
(2007年4月7日 597号)
・ 「子どもを守りたい!」シンポジウム開催
(2007年2月17日 590号)
・ 地域の力が子どもを守る!
(2006年11月18日 579号)
・ 地域の力が子どもをも守る!
(2006年10月28日 576号)
・ 子どもを1人にしない安全対策
(2006年7月29日 563号)
・ 子どもにどう教える?知らない人とのコミュニケーション
(2006年6月3日 555号)
・ “地域を見守る目”が子どもを守る 〜あなたの街を再チェック〜
(2006年4月15日 549号)
コラムバックナンバー
協賛企業メッセージ
・ 株式会社 寿福産業
・ 株式会社 昴
・ 鹿児島綜合警備保障株式会社
・ ネッツトヨタ鹿児島 株式会社
・ 株式会社 南九州ファミリーマート

鹿児島銀行
壽福産業
昴
ネットトヨタ鹿児島
南九州ファミリーマート
NTT西日本鹿児島支店
(50音順)

 見る目まもる手
 キャンペーン事務局
  南日本リビング新聞社内
  〒892−8515
  鹿児島市泉町14−1
  TEL.099−222−7288
  FAX.099−225−5009
“安全マップ”が子どもを守る 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
地域安全マップとは? 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
地域安全マップとは?
  1. 地域安全マップとは、犯罪が起こりやすい場所を地図にまとめたものです。犯罪が起こりやすい場所とは「入りやすい(領域性が低い)場所」や「見えにくい(監視性が低い)場所」。
    そのような場所を洗い出したものが地域安全マップです。
  2. 実際に犯罪が発生した場所を表示した「犯罪発生マップ」や不審者が出没した場所を表示した「不審者マップ」ではありません。
  3. 子供たちが自ら自分の住む町を探検し、危険箇所を自分の目で確認して自分たちで作成することが大切です。また、地域住民へのインビュー等を通して、地域に「知っているおばちゃん・おじちゃんを多く増やす」ことも重要です。

地域安全マップ作製の流れ
STEP1 事前学習
事前に、教室や研修室等で、犯罪が起こりやすい、危険な場所の判断基準を子どもたちに、教えましょう。
「入りやすい」(領域性が低い)場所と
「見えにくい」(監視性が低い)場所が
危険な場所です。
逆に、安全な場所は、「入りにくい」場所と「見えやすい」場所であることを教えましょう。
STEP2 班編成
チームを編成し、役割分担を決めましょう。
  • 班長・・・1名
  • 副班長・・・1名
  • 写真係・・・1名
  • 地図係・・・1〜2名
  • インタビュー係・・・1〜2名
STEP3 フィールドワーク(現地調査)
=携行品の一般例=
班長
  • フィールドワークを実施する場所の住宅地図等
  • 腕章(事故防止のための反射材が付いているもの)
副班長
  • 緊急連絡用機器・・・無線機,携帯電話等
  • 腕章(事故防止のための反射材が付いているもの)
写真係
  • カメラ
  • 腕章(事故防止のための反射材が付いているもの)
地図係
  • フィールドワークを実施する場所の住宅地図等
  • 地図を挟むためのクリップボード等
  • 透明なビニール袋(雨天時の対応のため)
  • 筆記用具(耐水性のもの)
  • 腕章(事故防止のための反射材が付いているもの)
インタビュー係
  • 記録用紙(耐水性のもの)
  • 筆記用具(耐水性のもの)
  • 腕章(事故防止のための反射材が付いているもの)
STEP4 地域安全マップの作製
=準備しておくもの(班ごと)=
  • 地図を描くためのA0〜A2サイズ程度の白い用紙
  • はさみ
  • 付箋
  • 色紙,色画用紙
  • セロハンテープ、のり
  • 多色マジック、黒鉛筆、色鉛筆
  • 消しゴム、修正液
  • 定規(ただし、フリーハンドで描くのが原則)
  • 新聞紙(下敷きとして使用)
STEP5 発表会
班ごとに、地域安全マップを掲示し、調査結果、作製過程で苦労した点や反省点等について発表する。
保護者、地域住民及び防犯ボランティア、地元の市町村職員や警察署員を発表会に、招くことにより,地域の防犯意識の向上や行政施策への反映につながる。

地域安全マップ作製のポイント
“犯罪被害”の防止がテーマ
子どもの視点を犯罪被害から交通事故や災害被害に向かせないために、交通安全や防災をテーマから外しましょう。犯罪は、過失や災害などで発生する交通事故や災害とは異なり、犯罪者の意志に基づき行われるものです。
マップづくりのテーマを犯罪に絞ることで、子どもの犯罪被害防止能力を育てることにつながります。
子どもたちが自身の手で作製することが重要
大人が作製し配布してしまっては,子どもの犯罪被害防止能力は育ちません。地域安全マップは、子どもたちが自身の手で作ることが重要です。子どもが、フィールドワークを経験することで、危険な場所を避ける能力や、注意力をが向上します。
地域安全マップは“犯罪が起こりやすい場所”を記載したものです
地域安全マップとは、犯罪が起こりやすい場所を地図にまとめたものです。犯罪が起こりやすい場所とは「入りやすい(領域性が低い)場所」や「見えにくい(監視性が低い)場所」。そのような場所を洗い出したものが地域安全マップです。
実際に犯罪が発生した場所を表示した「犯罪発生マップ」や不審者が出没した場所を表示した「不審者マップ」ではありません。 不審者が出没した場所や、実際に犯罪が発生した場所など過去の事実をマップに記載したのでは、本当にその場所が危ない場所なのか、あるいは将来犯罪が置きやすい場所なのかを見極めることができません。犯罪が起きた場所が明らかにされている場合でも、それは、あくまでも、犯罪が起こりやすい場所を洗い出すための基礎資料と考えるべきです。
“犯罪が起こりやすい場所”とは?
“犯罪が起こりやすい場所”とは,「入りやすい(領域性が低い)場所」と「見えにくい(監視性が低い)場所」です。
入りやすい(領域性が低いところ)場所とは?
  • きちんと区切られていない
  • 境目がはっきりしていない
  • 入るのに邪魔になるものがない
  • ※どこからでも入れてどこからでも逃げられる場所
見えにくい場所(監視性が低い場所)とは?
  • 人がほどんといない
  • 暗い、見渡せない
  • 見るのに邪魔になるものがある。
  • 何が起こっているのか見えない場所
“安全な場所”も併せて記載しましょう
“犯罪が起こりやすい場所”とは逆に、、領域性や監視性が高い場所,あるいは子ども110番の家など,地域で子どもを守ってくれる“安全な場所”も併せて記載しましょう。“安全な場所”を見つけることで、自分たちを守ってくれる大人が地域にいることにも気付き、地域への愛着心も育まれます。
コメントとインタビューの内容を記載しましょう
フィールドワークでみつけた“犯罪が起こりやすい場所”や“安全な場所”について、その理由を考えてコメントを記載しましょう。コメントを記載することで、これらの場所を見極める力が育ちます。
また、積極的にインタビューを行うことで、地域の人の防犯への関心の高さに触れられ、インビュー等を通して、地域に「知っているおばちゃん・おじちゃんを多く増やす」ことも重要です。インタビューの内容も記載しましょう。
子どもの興味を引く分かりやすい表現で作りましょう
地域安全マップはイラストなどを用いたり、レイアウト、色彩、イラスト、写真の貼り方、コメントの表現などを工夫し、、“犯罪が起こりやすい場所”などが、一目見て分かりやすい、子どもの興味を引くような地図にしましょう。
また、表札や車のナンバー等が写真に写っている場合は、黒マジックで塗りつぶすなど、プライバシーには十分に配慮しましょう。
地域ぐるみの防犯対策につなげる
把握した「犯罪が起こりやすい場所」は、地域安全マップに落とし込むだけでなく、今後の具体的な取り組みにつなげられます。
<取組み例>
  • 「犯罪が起こりやすい場所」で重点的な防犯パトロール
  • 草木が茂り、監視性が悪くなっている公園などの改善
  • 落書き、ゴミ、自転車などが放置してある無関心な場所の清掃
  • 行政への改善活動など
地域コミュニティの活性化
地域安全マップ作成の過程では、実際にまちに出て、自らの目で見て、あるいはインタビューを通じて地域の危険箇所を把握することができ、子ども自身の危険回避能力の向上と、児童と地域の関わりを持つ機会が増えます。

子どもたちは積極的に地域の方々に対して、まちの危険箇所についてのインタビューを行い、子どものコミュニケーション能力を向上させます。そして、子どもたちが地域への関心を高めるとともに、地域の方々が子どもに対して関心を示し、関わりを持つことで、子どもを見守ることにつながります。

地域安全マップでできること
近所の危険箇所を自分の目で確認し、地域に住む人へのインタビューなどをしながら、地域安全マップを作ることで、子どもたちは自ら危険を回避する能力を身に付け、地域との関わりを持つことができます。また大人は、地域安全マップを作成することで、防犯環境の改善などの取り組みにつなげていくことができます。
地域安全マップの効果
立正大学文学部社会学科教授 小宮信夫さん
  • コミュニケーション能力の向上
    犯罪が起こりやすい場所が分かることで、安全な道を選ぶようになる。危険な道を歩かなければならないときはいつもより注意して行動するようになる。
  • コミュニティへの関心や愛着の向上
    地域を探検し、発見することで地域への関心が高まり、インタビューを通して、地域には自分たちを守ってくれる人が大勢いることに気づき、地域を愛する心も育つ。
  • 非行防止
    地域に貢献したという達成感や成功体験で、犯罪やルールを破ることへの嫌悪感も生まれ、結果的に非行防止につながる。
  • 地域ぐるみの安全対策の推進
    地域住民が、子どもたちの地域安全マップ作りを見かけたり、協力することで、子どもを地域で守るという意識が高まる。
   
 
立正大学文学部社会学科教授 小宮信夫さん 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま プロフィール:
中央大学法文学部法律学科卒業。ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科修了。法務省、国連アジア極東犯罪防止研修所などを経て現職。鹿児島県「100人委員会」委員をはじめ、東京都「非行防止・犯罪の被害防止教育の内容を考える委員会」座長。地域安全マップの考案者

鹿児島にはかつて郷中教育という、よい仕組みがありました。それを今に生かせないのはもったいないことだと思います。子どもたちが自ら作り、年下の子どもや大人にも教えることで、確実に身に付き、地域との繋がりが深まります。
親も子も街を見る目が変わりました
地域安全マップ 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 「この記事を見ながら実際に子どもと街を歩き、地図を作りました」前述の記事掲載のあと、編集部には、そんなお便りがたくさん届きました。PTAで作成した小学校もあり、「マップを作ることで、親も子も街を見る目が変わりました」という声も聞かれるなど、危険な場所への意識が高くなったようです。
学校でのとりくみ 鹿児島市中洲小学校
学校と家庭での対応だけでなく 地域ぐるみで子どもを守って
繁華街にもほど近く、交通量の多い通学路をかかえている中洲小学校では、防犯や交通安全について、これまでもさまざまな取り組みをおこなってきました。
中洲小学校 避難訓練 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 平成16年6月には、いち早く防犯ブザーを児童全員に配布し、また年に1回は不審者に対応の避難訓練を実施(右の写真)するなどして、「自分の命は、自分で守る」ことを繰り返し子どもたちに指導しています。けれど、残念ながらいつ何時子どもたちが被害に遭うような事件が起きるか分かりません。学校と自宅だけでの対応には限界があります。この「点」と「点」を結ぶ線や面となる「地域」ぐるみで子どもたちの命と安全を守っていただきたいと思います。
(校長 前田隆幸さん)

  中洲校区地域安全マップ 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 通学路をチェックし、危険箇所をまとめた中洲校区の「地域安全マップ」。出来上がったマップを地域にも広報するために、PTAだけでなく、公民館からも協力があったそう。

中洲校区地域安全マップ原案 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま マップの原案をPTAがチェック。しっかり赤ペンで細かく追加や修正が書き込まれてて、より詳しいものになりました。


Copyright© 2006 Minaminippon Living Shinbun Co.,Ltd. All rights reserved.