鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 南日本リビング新聞社 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
見る目・まもる手キャンペーン 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま 見る目・まもる手ロゴ 鹿児島情報リビングアイ リビングかごしま
トップページ
地域安全マップとは?
・ 地域安全マップとは?
・ 地域安全マップづくり教室開催!
・ キャンペーン活動途中経過報告
リビング新聞バックナンバー
・ new!!
見る目・まもる手キャンペーン
シンポジウムレポート
(2007年4月7日 597号)
・ 「子どもを守りたい!」シンポジウム開催
(2007年2月17日 590号)
・ 地域の力が子どもを守る!
(2006年11月18日 579号)
・ 地域の力が子どもをも守る!
(2006年10月28日 576号)
・ 子どもを1人にしない安全対策
(2006年7月29日 563号)
・ 子どもにどう教える?知らない人とのコミュニケーション
(2006年6月3日 555号)
・ “地域を見守る目”が子どもを守る 〜あなたの街を再チェック〜
(2006年4月15日 549号)
コラムバックナンバー
協賛企業メッセージ
・ 株式会社 寿福産業
・ 株式会社 昴
・ 鹿児島綜合警備保障株式会社
・ ネッツトヨタ鹿児島 株式会社
・ 株式会社 南九州ファミリーマート

鹿児島銀行
壽福産業
昴
ネットトヨタ鹿児島
南九州ファミリーマート
NTT西日本鹿児島支店
(50音順)

 見る目まもる手
 キャンペーン事務局
  南日本リビング新聞社内
  〒892−8515
  鹿児島市泉町14−1
  TEL.099−222−7288
  FAX.099−225−5009

キャンペーン活動途中経過報告

 本年は、弊社主催「見る目・まもる手キャンペーン」(平成18年〜19年)にご協賛いただき誠にありがとうございます。
 ご承知の通り、本キャンペーンは、地域と親子の防犯力を高め、地域コミュニティを活性化することを目的とし、 「地域安全マップ教室」の実施や、地域や行政、専門家などのインタビューによるリビング新聞紙面での特集、テレビ特別番組放映、シンポジウム開催など行うものです。  
 活動の中心となる「地域安全マップ教室」においては、ボランティア養成のため8月に講習を行い、9月〜10月にかけ、鹿児島市内の小学校児童を対象に教室を開催してまいりました。  

今回、「地域安全マップ教室」の実施について、当初予定の活動を終了いたしましたので、ここに途中経過報告をいたします。

(株)南日本リビング新聞社
見る目・まもる手キャンペーン実行委員会

 
実施概要

■企画名称
〜地域と親子の防犯力を高めるために〜 見る目・まもる手キャンペーン

■目的
 子どもを狙った犯罪が多発し、現代の大きな課題となっており、その原因のひとつに地域コミュニティの低下が挙げられています。  地域のゴミステーションに時間外にゴミが出ていたり、粗大ゴミが放置されたりしている電信柱や建物の壁の落書きが放置されたままである。 窓ガラスなどが割れたままの空き家や営業を停止し損壊したままの空き店舗が放置されている。 このような地域は、犯罪学上では、地域の住民のお互いの関心や防犯意識が低く、犯罪者に“狙いやすい地域”となり、犯罪が増加する傾向にあります。本企画では、様々な取り組みにより地域コミュニティの活性化を図り、地域と親子の防犯力を高めることを目的とします。

■事業内容
1.リビング新聞での編集記事を通しての支援・啓発 2.Webサイト「Living−Eye」を通しての「見る目 まもる手」支援・啓発 3.リビング新聞配布レディによる町の防犯対策を通して「見る目 まもる手」活動の実施 4.地域安全マップ教室の実施・展開 5.地域安全マップマニュアル提供活動 6.ブザーつりつりの提供活動 7.地域の防犯力アップのための「見る目 まもる手」シンポジウム開催 8.MBC南日本放送「MBCニューズナウ」取材を通しての「見る目 まもる手」支援・啓発 9.MBC南日本放送 30分特別番組制作・放送を通しての「見る目 まもる手」支援・啓発

■実施日時・スケジュール
平成18年4月〜平成19年4月 13ヶ月間

■主催・協力・後援
主催:南日本リビング新聞社
協賛:NTT西日本・鹿児島銀行・鹿児島綜合警備保障・寿福産業・昴・ネッツトヨタ鹿児島・南九州ファミリーマート(50音順)
協力:キヤノンシステムアンドサポート
後援:鹿児島県・鹿児島市・鹿児島県教育委員会・鹿児島市教育委員会・鹿児島県警察本部・鹿児島市PTA連合会                                          以上敬称略


 
リビング新聞での編集記事を通しての支援・啓発

■編集特集
4月15日号 「地域を見守る目が子供を守る」
6月3日号「子どもにどう教える知らない人とのコミュニケーション」
7月29日号 「子どもをひとりにしない安全対策」
10月28日号「地域の力が子どもを守る!」
ほか特集実施。今後、随時展開。


        

■紙面連載コラム「子どもの安全コラム」

 7月29日号から毎月1回 連載中(平成19年4月まで)

■協賛企業の地域活動の取り組み取材・紙面掲載
○9月30日号
ネッツトヨタ鹿児島様
   ○10月28日号
南九州ファミリーマート様
  

その他の協賛企業様についても随時取材(平成19年4月まで)

 
Webサイト「Living−Eye」を通しての
「見る目 まもる手」支援・啓発


 リビング新聞読者向けWEBサイト「Living−Eye」内に「見る
目・まもる手」ページを下記の通り展開しています。
[構成案]
1.「見る目 まもる手」キャンペーン詳細告知
2.編集記事バックナンバー掲載
3.「見る目 まもる手」協賛企業からのメッセージ、
 リビングに掲載した関連記事の紹介、各企業とのリンク

 今後、シンポジウム開催告知に伴い、WEB上での受付、地域安全マップマニュアルなどのプレゼント応募などのフォームを設置してまいります。

 
リビング新聞配布レディによる町の防犯対策を通じ「見る目まもる手」活動の実施

 リビング新聞を配布するリビングレディ800人(現役ママ)による町の防犯活動を通じて、見る目守る手活動・啓蒙を実施しています。

 毎週発行されるリビング新聞をはじめ、鹿児島市広報紙「市民のひろば」鹿児島県広報紙「県政かわら版」など、弊社レディが居住しているエリアでは、1ヶ月に8回〜10回ほどの配布業務を行っております。

 今回、鹿児島県警の協力により、リビングレディの防犯活動のマニュアルを作成。リビングレディの現在、配布中における登下校時の子どもや独居老人への声かけ活動をはじめ、不審者の情報や地域の危険箇所などを発見した場合の対応を行っております。


 
地域安全マップ教室の実施・展開
地域安全マップマニュアル提供活動
ブザーつりつりの提供活動


  「地域安全マップ教室」を鹿児島市の吉野小、谷山小、武岡小(武岡台小合同)、田上小(鴨池小、桜ヶ丘東小合同)、八幡小、霧島市立国分北小などで開催しました。児童対象で展開していましたが、PTAや保護者の参加希望も多く、指導者養成のための教室も随時開催し、児童生徒をはじめ、多くの方々に参加いただくことができました。  また、参加者には「地域安全マップマニュアル」と「ブザーつりつり」を進呈。保護者にも大変喜んでいただきました。

  

 弊社が提唱する「地域安全マップ」は、犯罪が発生した場所を表示した「犯罪発生マップ」や「不審者 マップ」ではありません。地域安全マップの発案者、立正大学小宮信夫教授の教えのもと、子どもたちが自分のまちを探検し、住民へのインタビューなどを通して、子どもと大人の地域コミュニティを活性化し、安全なまちづくりを目指すものです。  8月25日(金)に小宮教授を鹿児島に招き、一般ボランティア7名、協賛企業ボランティア7名、鹿児島県警70名、弊社社員10名の参加により、「地域安全マップ」の講習会が実施しました。  これらボランティアによって、鹿児島市内の小学校区を中心に教室を開催いたし、のべ300名以上の方が弊社の「地域安全マップ教室」に参加されました。
 協賛企業の皆様におかれましたは、業務のお忙しい中、ボランティアとして参加いただき誠にありがとうございました。


地域安全マップ教室参加者


  ◇レポート◇ 「地域安全マップづくり教室〜武岡小学校〜」
 
▲ みんなで力を合わせて「地域安全マップ」が完成!
 南日本リビング新聞社では、学校区の児童を対象に、「地域安全マップづくり教室」を開催中です。これまで開催した校区は、鹿児島市立の吉野小、谷山小、武岡小、霧島市立国分北小など、そのほかの学校区でも随時行っています。
 この教室は、子ども自身が街を歩いて自分の手で地図を作り、実際に行動することで、「どんな場所に犯罪が起こりやすいか」をしっかり認識することができます。また、犯罪が起こりやすい場所にいる大人には十分警戒し、犯罪が起こりにくい場所にいる大人には、積極的にかかわることができるようになります。
 ただ、マップづくりで気を付けたいのは、不審者がいたところをチェックする「不審者マップ」や、犯罪があった場所を記した「犯罪発生マップ」にしないこと。
 「地域安全マップづくり」を通して、地域の人々との顔見知りの関係を作ることが、子どもの安全につながり、その地域の防犯環境の改善などの取り組みにもつなげていくことができます。

     
▲ 9月30日は、武岡小校区の「地域安全マップ教室」を開催    ▲ 住民の人たちへインタビュー 顔見知りの関係になれる    ▲ みんなで力を合わせて「地域安全マップ」が完成!

 
MBC南日本放送「MBCニューズナウ」取材を通しての
「見る目 まもる手」支援・啓発


鹿児島市立吉野小学校の地域安全マップ教室の様子を南日本放送「MBCニューズナウ」で9月4日(土)放送


 
MBC南日本放送・特別番組制作・放送を通しての
「見る目 まもる手」支援・啓発

番組放送日:11月19日(日) 午前11時


 平成18年11月19日(日)午前11時、MBC南日本放送での番組の中では、「入りやすい場所」「見えにくい場所」をキーワードに、最近鹿児島で犯罪・事案のあった場所をMBCが検証。  地域安全マップの発案者、立正大学小宮信夫教授のインタニューや、親や子どもの声なども取り上げながら、より効果的な「地域安全マップ」を理解できる番組内容となっています。ぜひご覧ください。


 
●今後の活動●
地域の防犯力アップのための
「見る目・まもる手」シンポジウム開催


■名称
地域の力が子どもを守る 見る目・まもる手シンポジウム
「子どもを守りたい!」

■目的
地域で積極的な活動を行うNPOやお母さんたちのグループ、また、保護者・PTA団体などを招いて、具体的な体験談やノウハウを披露してもらうほか、地域行政の担当者や大学教授などと地域の防犯力アップのためにできることを参加者と一緒に考える機会とします。

■開催予定日
平成19年3月24日(土) 午後
会場鹿児島市民文化ホール 第2ホール


入場無料 誰でも参加できます

詳しい説明はこちらをご覧ください >>>

参加ご希望の方は応募ページより申し込めます >>>

■来場予定者
1,000人程度

■予定内容
参加パネラー:地域行政担当者・県警担当者・鹿児島県教職員・立正大学 小宮信夫教授(地域安全マップ発案者)・子どもの危険回避研究所所長 横矢真理女史 などによるディスカッション

■その他
ALSOK あんぜん教室の実施

以上を予定。今後詳細を決定し、ご報告いたします。




Copyright© 2006 Minaminippon Living Shinbun Co.,Ltd. All rights reserved.